「原因を見つけて、治療しなさい」とは、創始者A.T.スティルの言葉である。
では一体どうすれば原因となっている病変を見つけ、治療することができるのか?

原因を見つける。

8ユニット.007.pngメカニカルリンクでは人体を8つのユニットに分解。それぞれのユニットにおいて詳細に傾聴検査を行う。
この検査によって、身体のあらゆる構造についてどこに原因となる病変があるかを探すのである。


優先順位を決める。

CIMG5912.JPG更に見つけられた病変に優先順位を付けるためにバランステストを行う。プライマリー病変を見つけるのである。こうすることで、どの病変から治療すれば良いのかという優先順位がはっきりするのである。


治療する。

P7180645.JPG発見したプライマリー病変から順にテクニックを施し治療を行う。そして、その日みつかったすべての病変がなくなるまで治療を行う。すべての病変が消失したら、その日の治療が終了したことになる。
それ以上は、もう介入しない。患者さんへの負担が少ない、シンプルなシステムである。

メカニカルリンクセミナー

メカニカルリンク(LMO)は、全6回のセミナーを通して学ぶことができる。
各回で学ぶ主な内容は、以下の通りである。

LMO1:
メカニカルリンクのコンセプト、脊椎、胸郭、四肢(講師:ポール・ショフールD.O.、4日間)
LMO2:
四肢の骨関節(講師:堂畑 誠、3日間 or 4日間)
LMO3:
骨頭蓋(講師:堂畑 誠、3日間 or 4日間)
LMO4:
内臓(講師:堂畑 誠、3日間 or 4日間)
LMO5:
心臓・循環系(講師:エリック・プラットD.O. 予定、4日間)
LMO6:
神経系(講師:エリック・プラットD.O. 予定、4日間)