印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


Mechanical Link Japan メカニカルリンクジャパン Last Updated 2014-09-24

メカニカルリンクセミナー

メカニカルリンク(LMO)は、各4日間(3日間)×6回のセミナーを通して学ぶことができる。

[全6回セミナー内容]

❖LMO1❖

メカニカルリンクのコンセプト、脊椎、胸郭、四肢(講師:ポール・ショフールD.O.、4日間)

メカニカルリンク・オステオパシー(LMO)のコンセプトとテクニックの導入:
柔軟性を失った結合組織の瘢痕としてのオステオパシー病変。オステオパシー病変と体性機能障害。
トータル病変と8つの機能単位。優位病変と一次病変。優先順序をつけた治療原則(オステオパシー治療をどこから始め、いつ終えるかがわかる)。 皮膚の『へこみ』を使い解剖構造の位置を探知。組織にテンションを掛ける診断テスト。抑制バランスによる優先順序決めテスト。リコイルによる矯正テクニック。

後頭・脊椎・骨盤軸:基礎テスト、スペシフィック・テストおよび治療。
前方・後方胸郭:基礎テスト、スペシフィック・テストおよび治療。
四肢:上・下肢と骨盤の基礎テスト

❖LMO2❖

四肢の骨関節(講師:堂畑 誠、3日間 or 4日間)

四肢の関節病変:四肢全ての関節(肩、肘、手首、股関節、膝、足首など)のスペシフィック・テストと治療。
長骨の骨内病変:四肢の長骨の骨幹に対するスペシフィック・テストと治療。
骨内力線:四肢骨格の応力腺の基礎テストと治療。
オステオパシー関節離開:四肢と脊椎の関節の安定性基礎テストと治療。

❖LMO3❖

骨頭蓋(講師:堂畑 誠、3日間 or 4日間)

頭蓋計測点:頭蓋のキーポイントの探知
骨頭蓋の構造:頭蓋の様々な力線の基礎テストと治療:梁(はり)、柱、弓(アーチ)、丸天井、要石。
関節・膜頭蓋:頭蓋キーポイントの基礎テストと治療:3つの階、相互張力膜、側頭・下顎関節、歯、顔面塊と静脈洞、頭蓋冠の縫合と蝶形・後頭底靱帯結合

❖LMO4❖

四肢の骨関節(講師:堂畑 誠、3日間 or 4日間)

皮膚の『へこみ』のテクニック:
表面解剖による腹部臓器の目印と位置探知

消化管:咽頭、食道、胃、胆嚢、十二指腸、小腸、大腸の基礎テストと治療。
生殖・泌尿器官:子宮、卵巣、前立腺、膀胱、腎臓の基礎テストと治療。
腹部臓器:脾臓、膵臓、肝臓の基礎テストと治療。

❖LMO5❖

心臓・循環系(講師:エリック・プラットD.O. 予定、4日間)

胸郭腔の臓器:咽頭、気管、気管支、肺、心臓の基礎テストと治療。
胸郭の動脈:上行大動脈、肺動脈、 動脈管(動脈靱帯)の基礎テストと治療。
四肢の動脈:上肢、下肢の主要動脈の基礎テストと治療。
腹部動脈:腹部大動脈(前大動脈神経叢を含む)と腸骨動脈の基礎テストと治療。
首の動脈:腕頭動脈幹、鎖骨下動脈、頸動脈(迷走神経、交感神経頸椎鎖)と椎骨動脈の基礎テストと治療。

❖LMO6❖

神経系(講師:エリック・プラットD.O. 予定、4日間)

大脳:大脳の主要ゾーンの基礎テストと治療:前頭葉皮質、脳梁、視床、辺縁系、脳幹、小脳。
脳神経のキーポイント:三叉神経、顔面神経、迷走神経、副神経の基礎テストと治療。
頚神経のキーポイント:頚神経の後枝、浅部頚神経叢、横隔神経、腕神経叢。
上肢神経のキーポイント:橈骨神経、正中神経、尺骨神経。
腰神経叢神経のキーポイント:腸骨・下腹神経、腸骨・鼡径神経、大腿外側皮神経、閉鎖神経、大腿神経、伏在神経。
座骨神経のキーポイント:脛骨神経、腓骨神経の基礎テストと治療。